落ちてパドルボードに戻る場所 - パカロアsup

どこに落ちてパドルボードに戻りますか?

各パドルボーダーは再び立っているので、戻る方法を知ることが重要です。 あなたがどんな才能であるかは関係なく、時には起こります。 それが意図的な(泳ぎたかった)場合やバランスを失った場合は、ある時点であなたのボードの近くに水を踏むことになります。 この記事では、フォールする方法と、インフレータブル SUP ステップに戻る方法について説明するヒントを提供します。

あなたが落ちた後に起きる方法を学ぶ

落ちることは立っているパドルボーディングの必然的な部分であるので、それに戻る方法を知ることが重要です。 しかし、プロセスに入る前に、秋について話しましょう。 最初のものは、(特にあなたが計画しているとき)に落ちるのが楽しいことができます! あなたがパドルアウトとして水に速く浸すよりも優れているものはほとんどありません。 サーフィンやシュノーケリングのためのSUPing施設は言うまでもありません。 なぜ海に出ていようとも、飛び降りたり、落ちる前に考える事がいくつかあります。

あなたが水の上でリラックスしているとき、または単に楽しんでいるときにディップのために行く

落ちる場所

いつものように、あなたが水の上にいる間、安全を第一にすることが重要です。 すべての水のイベントの中で、共通のルールは常に最初に飛躍することです。 顔の下にあるもの(川、岩、水没した木など)を常に見ることができないので、水がはっきりしていても、深さを正確に伝えるのは難しいです。 したがって、最初にストリームの足に到達するために常に最善を尽くす必要があります。
まず、あなたは泳いでボートから滑り落ちたいです。 あなたが落ちるとき、あなたはあなたの皿をキャッチしようとする衝動を感じることができますが、あなたは一緒にこのすべてを停止しようとする方が良いです。 フル充填されたボードはかなり剛性です。 ボードやパドルに着陸すると、単に海に落ちるよりも悪いダメージを与えます。 ロープがあり、ほとんどのSUPパドルが浮くように作られていたので、ギアを失うリスクはありません。 だから、あなたが行く準備ができていると感じたら、それを戦ってはいけません。

あなたのリーシュを置き、水の上でそれを使用することを確認してください

どうやって行けばいいですか?

なぜお風呂に入ったのかにかかわらず、今は引っ越しの時です。 今、表面に戻って泳ぐことに集中してください。 あなたは後であなたのパドルを見つけることができます。 あなたがそれを打つまで、あなたのボードの真ん中に泳ぎます。 右からより横から戻る方がずっと簡単です。 これは可能ですが、SSPなどの大きなボードでは効果的ではなく、小さなショートボードを持つサーファーが最もよく使用します。
フレームの中央に入ったら、片側の中央のハンドルを取り、もう一方の手を壁に近いフレームに置きます。 ハンドルをしっかりと握ると、自分をボードに押し込むことができる。 あなたの足は、壁の後ろではなく、あなたの後ろにあることを確認してください。 それはあなたに上向きのドライブを与えます。 手を所定の位置に置いて多くのハードキックを行い、腕を上げてください。 蹴って引っ張るときは、ボード上の傾向のある位置(うつ伏せ、胃の上)にスライドします。 それはすべて必要です.あなたは戻ってきました! それだけです!

あなたのリーシュを置き、水の上でそれを使用することを確認してください

あなたのキックは、あなたが水から抜け出すのに役立ちます。 あなたの腕はあなたがボードを引っ張ることを可能にしながら。 自分で試してみると、キックとプルのバランスが見つかります。 そして今、あなたはあなたの座席に傾向があるので、あなたは移動するためにあなたの武器を使用することができます。 サーファーとは異なり、あなたは起こりやすい位置からあなたのボードに浮かむためにあなたの腕を使用することができます。

ステップ1 – 所定の位置に取得

あなたのボードコアに泳ぎます。 片手でキャリアのハンドルを取り、もう一方の手をボードの端に置きます。

フェーズ 2 – プルとプッシュ

腕を同時に引っ張りながら、手を所定の位置に蹴り始めます。 あなたのキックを使用して自分自身を持ち上げ、あなたを引き上げるために水から腕を離します。

フェーズ 3 – パドルが発生しやすい

あなたがなくなっている場合は、あなたのパドルを移動するためにあなたの傾向の位置(下に、あなたの胃の上)から腕を使用することができます。 パドルを取り戻したら、あなたは行く準備ができています。
立ち直る方法の詳細については、記事「SUPで立ち上がる方法」を参照してください。 経験豊富なパドラーにとっても、それは非常に珍しいことができます、落ちることはスポーツの一部であり、楽しみの一部です。

お 楽しみ ください。。。落ち込むのは面白いことかもしれません!
Skip to content