SUPレンタル事業の拠点を保護するための5つの戦略

SUPレンタル事業の拠点を保護するための5つの戦略

パドルボードレンタル事業を開始する上で最も困難なコンポーネントの1つは、パドルボードレンタルビジネスロケーションやパドルボードレンタルとソリューションの実施からアクセスを保護する機能です。 場所を片付けるために、私たちは、あなたが特定の場所で商業タスクを実行することにまっすぐにアクセスできる、または同意する場所としてのスポットを意味します。

SUPレンタル事業所を保護する方法

次のブログサイトでは、湖、川、プール、池に至るまで、15以上の場所のコラボレーションを保護するのに役立った5つの異なる方法を詳述しています。 それは表面上は非常に明らかに見えますが、私はスタンドアップパドルボードレンタルビジネスを始めた理由と、私が毎日見る利点を知るために自分自身の中で深く行きました。

1) チョイスメーカー(DM)に行く

これは最も重要なだけでなく、いくつかの時間がかかる場合があります。 ネット調査を行い、エンティティと主な連絡先、および選択メーカーが、インフレータブルパドルボードレンタルビジネスロケーションを確保するために最も重要であることを周りに尋ねること。

2) コミュニケーションの最適な種類を決定する

その電子メール、メッセージ、電話、または直接かどうか、DMが最も頻繁に、最も速いものの1つを接続する方法を学ぶことが不可欠です。 これは、ポイントがゆっくりと動く可能性のある連邦政府機関を扱っている場合に特に重要です。 これを見つけたら、懸念事項や更新プログラムへのソリューションにアクセスできます。

3)洗練を理解する

SUPレンタルビジネスロケーションを保護する上で不可欠な側面の中で、そのエンティティまたは会社がサプライヤー、コンセッション、その他の様々なビジネスとどのように協力しているかを認識しています。 これは、DMとの接触時に尋ねる最初のお問い合わせの中になければなりません。 プロセスを理解すると、レコードを準備し、操作に必要な要求を満たすことができます。

4) 専門知識

この側面は無視できません。 プロフェッショナリズムと信頼性は長い道のりを行きます。 これは、会社名、職位、連絡先情報を電子メールで連絡する方法を示唆しています。 24~2日以内に懸念事項や書類に対応してください。 第二に、提案を準備し、書面でも、特に連邦政府機関では、常に遠くに行くでしょう。 この単一の側面により、私たちは私たちの場所の50%以上で動作することができました。

5)忍耐、忍耐、忍耐

これは、インフレータブルパドルボードレンタルビジネスロケーションの保護に関して、私の意見では最も難しい部分です。 その特定のエンティティは、そのさまざまな内部プロセスを介して行く必要があり、また、承認を得るためにコミュニティボード会議や理事会会議を待つ必要があるかもしれません。 常にフォローアップだけでなく提供されますが、間違いなく選択肢を得るのを待つことを心の奥に置いてください。

これは、SUPレンタルビジネスロケーションの保護方法と、パドルボーディングビジネス体験に役立ったいくつかの様々な方法を覗いてみましょう。

Skip to content